2010年08月17日

騎手、馬にとって「本当の引退」とは?

ランキングアップにご協力くださいわーい(嬉しい顔)左斜め下
現在【競馬コラム】ランキングで頑張っています(1位ですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村



【中年リストラ馬、「馬肉」寸前から快進撃】
ちょっと話題になってますよねぴかぴか(新しい)

北海道帯広市が主催する「ばんえい競馬」で15日、第4レース(10頭立て)に出走した13歳の牡馬「ゴールデンバージ」(山田厩舎・山田勇作調教師)が、2着に3・3秒差をつけ圧勝したというニュース手(パー)

確かにびっくりですわーい(嬉しい顔)





そもそも競走馬の全盛期というのは牡馬、牝馬問わずだいたい4歳ぐらいがそうだといいます。まぁ晩成の馬でも4歳後半くらいからどんどん力をつけてくる感じですねグッド(上向き矢印)

最近では8歳でG1制覇とか競走生活もいろんな条件から長くなり、確かに高齢馬の活躍は、特にダートなんかでは長くなっています。




ゴールデンバージの例は極端かもしれませんが、競走生活をやむなく終えてしまった馬の復活はなかなかありまえん。

それはその後の生活、種牡馬、乗馬、誘導馬、そして食用もあわせて待っているからです。

しかしそれは人間のエゴ的な部分もあってのこと。

本来はもっと走りたい動物なんですexclamation×2





じゃこう考えてみたらどうでしょう??

ディープインパクトが復帰したら??

僕の個人的見解ですが、もし引退から乗馬的な生活でなんらか走っていたなら、たとえ10歳くらいで復帰しても重賞の1つくらいは勝ってしまうのではないかと思いますぴかぴか(新しい)

競走を終えるのはピークで終える馬もいれば、確かにピークを過ぎた感があるから終える馬もいます、がやはり超一流馬はそんなのが関係ない能力があると思うんですパンチ





ちょっと前に引退した騎手でレースをする企画がありましたよね?
あれって体力的には落ちた騎手たちですが、技術や勘は何度かレースしたらすぐに全盛期に近づけると思うのです。

岡部が?河内が?本当に復帰したら??

ディープインパクトが?ウオッカが?本当に復帰したら?




現実には不可能に近いですが、本気の復帰ってみてみたいですね?

今までに前例あるのかも・・・?








記事に納得の方はこちらをクリック左斜め下
人気ブログランキングへ

ブログカテゴリの順位は?

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

いつも応援ありがとうございます時計
posted by 競馬鹿 at 11:07| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。