2011年02月12日

ラジオNIKKEIか?ホープフルか?

競馬コラムランキング3位ですぴかぴか(新しい)
が、他の方々のコラムの方が面白かったりします(笑)コチラ左斜め下
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村


左記の【期待のディープ産駒は?】を選んでくださいexclamation×2
現在【ダノンバラード】が人気を集めてますグッド(上向き矢印)
人気ブログランキングへ



明日の共同通信杯はクラシックの勢力図を考える上で重要なカギを握りそうですグッド(上向き矢印)

基本、弥生賞・スプリングS・若葉S・毎日杯が最終クラシック便となりうるため、あまりこの時期の共同通信杯・きさらぎ賞あたりはあくまで「参考」の域を出ませんあせあせ(飛び散る汗)

が今年のクラシックは牝馬と違い、2歳チャンピオンのグランプリボスの評価が上がってこないため、どうしてもそれ以外の路線からの評価が上がりがちたらーっ(汗)




とりあえず参考なる中距離のレースは、

ホープフルS
ラジオNIKKEI杯

となりそうです手(パー)




そしてこの2レースの勝ち馬が共同通信杯に出走しますexclamation×2



ダノンバラードとペルシャザールぴかぴか(新しい)




もちろん2頭とも賞金的には春のクラシックに関しては全く問題ないと思うので、ここで勝ち負けは
関係なくG1に出走してくるでしょう。



でもとりあえずの物差しとしては参考になります手(パー)




ディープインパクトの力を一番最初にしめしたダノンバラード
年末に重賞を勝ったのは今後の種付けシーズンにも大きく影響を示す功労馬といえます。

あそこで負けていたならおそらく「勝ち上がり率」だけを評価されたサイアーで終わってましたし、流れも悪くなっていたでしょうね



リベルタスや他の馬たちにも変なプレッシャーがかかっていたかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

重賞連勝なら一躍皐月賞、ダービーの最有力候補でしょうグッド(上向き矢印)




そしてペルシャザール
昨年大活躍のキングカメハメハ産駒。

母父がサンデーサイレンスの一番活躍した血統背景を持ち、しっかりとクラシック路線にのってきましたグッド(上向き矢印)



ホープフルS2着のナカヤマナイトがラジオNIKKEI杯3着のコティリオンをベゴニア賞で難なく下していることから、ホープフルSのレベルの高さがうかがえます。

そしてデムーロを確保したことも大きく今回に関してはプラスexclamation×2

一時期のペリエを思わせる圧倒的な馬を御す力はマイナスなはずがありません手(パー)




今年のクラシック牡馬路線は間違いなく出走頭数の半分はディープインパクト産駒で埋まるでしょう(笑)




あえて非SS産駒で勝負したくもなりますねぇ〜わーい(嬉しい顔)



以下のサイトで競馬の情報をどんどん手に入れよう左斜め下
「競馬の予想を自由に楽しむブログ」も登録していますexclamation×2
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ




posted by 競馬鹿 at 10:16| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。