2011年02月15日

芝でもう一度トランセンドを見てみたい

競馬コラムランキング3位ですぴかぴか(新しい)
が、他の方々のコラムの方が面白かったりします(笑)コチラ左斜め下
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村


左記の【今年の天皇賞(春)は?】を選んでくださいexclamation×2
現在【トゥザグローリー】が人気を集めてますグッド(上向き矢印)
人気ブログランキングへ




な〜んかフェブラリーS(G1)なんですけど、先週の京都記念ほど盛り上がってないんですけど(笑)

ちょっとメンバーが小粒になってしまった感は否めないですもんねぇ〜バッド(下向き矢印)




馬券的にはちょっと荒れそうな感じもあるので面白そうですけどグッド(上向き矢印)




ドバイに出走する壮行レース的な感じもありますが、フェブラリーSで国内最強を証明してドバイへっていう感じは今年は全くありません手(パー)

やはりAWに変わってしまったこともちょっと今となってはマイナスか?

砂という概念がおそらく10年後にはないかもしれませんねたらーっ(汗)




そういう意味ではトランセンドはもう一度「芝」を見てみたいです。



デビューは芝なんですよねぇ〜。
あまり参考にはなりませんが、能力だけで2着。
その折り返しが出走取り消しだったことからちょっと変わったかも??

結局折り返しは芝のレースを予定していましたが、ダートへ。

そして2戦ぶっちぎって、京都新聞杯へ駒をすすめるわけですダッシュ(走り出すさま)




このときも決して悪くなかったんです、が距離がちょっと微妙でしたね、2200mは。

再びダートへ矛先をむけて、またまたぶっちぎりの連勝exclamation×2

圧巻だったのはスーニやシルクメビウス、グロリアスノア、ワンダーアキュートなどをぶっちぎったレパードSでしたダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)




結局この馬、ダートにしても芝にしてもスピードがありすぎるんでしょうねぇ〜。

そういう意味では昨年のJCダートはベストレースではないでしょうか?




フェブラリーSからドバイへ。
そして国内復帰戦は安田記念なんかいかが?

混沌としたマイル路線でかつてのアグネスデジタルのような名馬にはなりませんかねぇ〜わーい(嬉しい顔)





以下のサイトで競馬の情報をどんどん手に入れよう左斜め下
「競馬の予想を自由に楽しむブログ」も登録していますexclamation×2
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ


posted by 競馬鹿 at 19:29| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。