2012年05月07日

もちろんわざとではないが・・・。

まずは秋山騎手おめでとうグッド(上向き矢印)

馬もあのまま逃げ切るとは相当強かったけど、強い馬だからといって勝てただけではないはずexclamation×2
これでますます騎乗技術に磨きがかかった安定した騎乗を見せてほしいですぴかぴか(新しい)

秋山騎手は玄人受けするタイプですからねわーい(嬉しい顔)




後は後味わるかった落馬。
マウントシャスタからいってたからずっと見てたけど、一発でマウントシャスタが妨害したのがわかったので「ああっ!」って声がでました(笑)

いやいや笑えないたらーっ(汗)後藤騎手も大怪我たらーっ(汗)

いろいろ賛否両論ですよね。
勝負ですからみんなギリギリを狙うのはわかってますが、ちょっと外国人騎手の影響かしりませんが、レースが荒れてますよね?

ここ10年くらいで地方、外国人騎手の交流からJRAへ。
短期免許、地方から中央へといろいろありますが、明らかにレースが荒れてますたらーっ(汗)

岩田騎手が地方出身だからとかじゃないんです。
やはり勝負ですが、馬のことを考えなければなりません。

もちろん馬主は馬の主ですので騎手のことは管理できません。
ある程度の意向はあれどプロの騎手ですからマナーから騎乗まですべてにおいて騎手自身が答えを出さなければなりません。




個人的な意見にはなりますが、その間に行くことはなかったかなぁ〜と。
そのまま前の2頭の間ならわかりますが、左2頭分横の馬の間をなぜ狙ったのか?





もちろんわざとではないのはわかってますが・・・って感じですね。
後藤騎手は大けがですが、シゲルスダチには現状では影響はなかったようなので、それだけが救いですねぴかぴか(新しい)


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村
posted by 競馬鹿 at 18:36| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。